お問い合わせはお気軽に
TEL 03-3337-6700

〒165-0034
東京都中野区大和町1丁目45番12号

中野区の内科・外科・皮膚科・消化器科・小児科・訪問診療 能戸クリニック

消化器科

初診受付サービス
QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

消化器科について

胃バリウム検査・胃カメラ・腹部超音波診断装置を備え、逆流性食道炎・胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胆石症・胆嚢炎・肝炎・腎炎などの炎症性疾患ならびに食道癌・胃癌・大腸癌・肝臓癌・胆嚢癌・腎臓癌などの悪性腫瘍の早期発見と診断と治療を行います。
胃カメラは、極細径タイプ(5.9mm径)を用いており、従来の内視鏡と比べ苦痛なく検査が行えますので臆することなく検査が受けられます。
鼻腔挿入も可能です。ヘリコバクター・ピロリ菌の診断・治療も行っております。慢性的な胃痛、むねやけ症状、食欲不振などでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

上部内視鏡検査(胃カメラ)

上部内視鏡検査は食道、胃、十二指腸まで直接見ることが出来るため、異常が疑われる部位があれば、その場で組織検査をすることが出来るのが最大の利点です。
組織検査は内視鏡を通して小さな組織片を痛みなく採取することが出来ます。お腹の症状がなくても、1年に一度は検査されることをおすすめします。

上部内視鏡検査で見つかる病気

食道
食道炎、食道癌、食道静脈癌など
慢性胃炎、びらん、胃潰瘍、胃ポリープ、胃癌、胃粘膜下腫瘍など
十二指腸
十二指腸潰瘍、十二指腸癌など

内視鏡検査の流れ

原則予約制です。
15分~30分間隔で予約いたします。

検査前日

事前に服用中のお薬を中断する場合があります。
前日の食事は21時までに済ませてください。
夕食は消化の良いものにしてください。
水分は寝る前まで結構です。

検査当日の朝

朝から検査まで絶食です。少量のお水であれば起きた時に飲んで構いません。
(服用中の薬は一部を除き、当日朝の分は服用して構いません。詳しくは当院までお問い合わせください。)
検査の際に使用する注射の影響で、めまい・眠気・ふらつき・目のちらつき等が起きることがありますので、当日のお車の運転は避けてください。

来院後

・症状、治療中の病気等を確認します。
・喉に麻酔をかけます。
・胃の動きを止める薬を注射します。
・リラックス出来た状態から検査を始めます。

内視鏡室にて

内視鏡室のベッドに横になり、10分ほどで検査は終了します。 患者様も検査を受けながら、モニターを見られます。

検査後

薬の影響が弱まるまでしばらく休んでいただきます。
結果の説明は1週間後になります。
症状、所見に応じて薬が出ます。

ピロリ菌検査

ピロリ菌感染の診断について

ピロリ菌感染胃炎を診断するのに、内視鏡検査を先に実施することが決められています。

感染の診断及び除菌治療の対象は「内視鏡検査によって胃炎が確定された場合」となっております。
これには、胃がんのチェックという重要な意義があるため、おおよそ過去6ヶ月以内に胃内視鏡検査が行われている必要があると学会では見解を出しております。
尚、ピロリ菌の検査法には内視鏡を用いる検査と用いない検査とがあり、現在6種類の方法があります。内視鏡を用いる検査は、胃粘膜の他の組織学的検査が確認出来る一方でピロリ菌感染診断の偽陽性や偽陰性があること、内視鏡を用いない検査は、簡便である一方で組織学的検査が出来ない、という長所・短所があります。とくに除菌後の判定には、これらを組み合わせることにより診断の精度を高めています。

ピロリ菌の除菌方法について

胃酸を抑えるPPI製剤と2種類の抗生物質を1週間服用する3剤併用療法が基本であり、その後4週間程度胃薬を内服して、除菌成功の診断判定を行います。
1次除菌の成功率は2000年頃には90%近くありましたが、最近の全国統計では70%程度まで低下しています。これは抗生物質への薬剤耐性のためと考えられており、ここで除菌できなかった場合には、薬剤の内容を変えて2次除菌を行いますが、除菌困難な場合もあり悩まされるところです。
除菌後の再感染については理論上あり得ますが、これまでの除菌例や報告例では再感染の可能性は少ないことが知られています。 なお、ピロリ菌除菌に伴う副作用についてですが、まず抗生物質の副作用として他の薬剤と同様アレルギーを起こすこと、下痢や出血性大腸炎、肝機能障害などの消化器症状が一時的に起こり得ますが、当院では現在までこれに相当する重篤な患者さんはおられません。またピロリ菌が除菌されることで、一時的に胃炎や胃食道逆流症症状が見られる可能性が言われていますが、このためにピロリ菌除菌をためらう必要はないとされています。
3次除菌については、保険適応外ですので個々にご相談させていただきます。